イソロイシン(isoleucine)

2009年 5月 22日

イソロイシンとは、必須アミノ酸で、ロイシン、バリンと共に分岐鎖と呼ばれる構造上の類似点をもった、分岐鎖アミノ酸(BCAA)のひとつです。3つのうちどれかが多すぎると、体重減少などの弊害を招きます。体の成長促進、肝臓の機能を高める、神経の働きを助ける、筋肉の強化などの作用があります。疲労回復効果が高いアミノ酸とも言われています。ですので、イソロイシンは、エクササイズや軽いウォーキングなど運動時のエネルギー補給にも適しています。
小牛の肉や鶏肉、鮭、プロセスチーズ、牛乳などに多く含まれていますが、一つの食品からだけでなく、なるべく多くの食品からイソロイシンを摂取するようにすると、分岐鎖アミノ酸類(BCAA)のバランスが取れるでしょう。
また、市販の分岐鎖アミノ酸類(BCAA)飲料などにはそれぞれの分岐鎖アミノ酸がバランスよく配合されていますので、そういった方法から摂取するのも一つの手です

Leave a Reply