ビタミンC(VC)

2009年 5月 15日

ビタミンCには、しみや小ジワを防ぐ、ウィルスや細菌に対する抵抗力を高め、カゼや感染症を予防する、血中コレステロールを下げる、発ガン物質の生成を抑える、鉄の吸収を助けるなどの様々な役割があります。さらに、抗酸化作用もあり、有害な活性酸素から体を守る働きをすることから、動脈硬化や心疾患を予防することが期待できます。
ビタミンCは、ストレスの多い人ほどきちんととる必要があるといわれています。
不足すると、免疫機能の低下、歯ぐき出血、傷が治りにくい、歯や骨が弱くなる、肌荒れ貧血、などの症状が現れます。

Leave a Reply