ビタミン(VB₁₂)

2009年 5月 19日

ビタミンB12とは、別名”コバラミン”と呼ばれ、葉酸という栄養素と協力し赤血球を作る働きをしています。ピンク色の結晶であることから「赤いビタミン」としても有名です。ビタミンB12の特徴は、動物由来の食べ物にしか含まれてなく、植物由来の食べ物にはビタミンB12は含まれていないことです。
葉酸と共に赤血球を作り出す働きをします。神経組織の正常な代謝に不可欠で、知能や運動神経の発達、他のB群と 同じように脂質やたんぱく質、糖質の代謝に関わっています。
不足するとだるさやめまい、動悸、悪性貧血、神経障害などが起こることが知られています。悪性貧血の症状は、体がだるくなったり、頭痛、めまい、吐き気、動悸、味覚の低下、食欲不振、消化不良、下痢などです。また神経過敏になったり、集中力がなくなったりします。悪性貧血は今では葉酸やビタミンB12を補給すればすぐに良くなる病気です。

Leave a Reply