ビタミンB₂(VB₂)

2009年 5月 18日

ビタミンB群本来の大きな特徴ともいえる、補酵素としての働きが特に明確なのが、ビタミンB2です。成長に欠かせないエネルギーの代謝や、多くの栄養素の代謝に関係しているフラビン酵素の補酵素として、重要な働きをしてくれます。老化の原因のひとつである過酸化脂質の生成を防ぎ、コレステロールや中性脂肪を減らす作用があり、生活習慣病予防に役立っています。
また美容のビタミンとも呼ばれ、細胞の再生を助け、皮膚や粘膜を保護し、肌・爪・髪の生育や体全体の抵抗力を強め、成長と生殖を助ける働きを持っています。
ビタミンB2が不足すると、ニキビや肌荒れ、湿疹や皮膚炎、口角炎、口唇炎、眼炎、などが起こりやすくなる。目がチカチカしたり、目やにが出る、黒目の周りが充血すると云った症状もビタミンB2の不足によるものです。
脂質がスムーズに代謝されず、エネルギーとして使われにくくなることで、疲れやだるさ、やる気のなさなどにつながります。

Leave a Reply