ロイシン(leucine)

2009年 5月 22日

ロイシンとは、食品から摂取しないと体内で合成できない、必須アミノ酸のひとつです。肝臓の機能を強化させる効果のほか、筋肉をつくのを助けて、さらに筋肉をうしなわせないようにする効果があります。
ロイシンは、肝機能を強化したい方、筋肉をつけたい方、免疫力を強化したい方、疲れやすく体調を整えたい方におすすめできる栄養素の一つです。通常の食事で摂れるため、とくに不足を心配する必要はありません。逆に過剰摂取した場合は、他のアミノ酸とのバランスが崩れるおそれがあり、免疫力を下げる恐れがあるので注意が必要です。鶏肉、レバー、乳製品などの多くの食品に含まれております。

Leave a Reply